◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★
 ○自然体験学習教室

 ○類農園

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
みんなの気づき!
240512 日本人が英語が苦手な理由@(音韻編)英語の音韻は世界一異常→「カタカナ英語」のススメ
 
安藤武彦 16/12/27 PM08
言語の習得においては、まず最初に音韻とリズムを掴むことが重要だ。
0歳児は周りの人達が話す言葉のシャワーを浴びながら、「言語」と「それ以外の音」を区別していく。そして、ひとたび「言語」として認識された「母語」は「それ以外の音」と選別され優先的に脳にインプットされるようになっていく。それ故に、人は雑踏の騒音の中でも難なく会話をすることができる。
 ところが、この能力が日本人が英語が苦手な理由になっている可能性がある。それは、英語と日本語の音韻があまりにもかけ離れているからだ。

 日本語は子音と母音が合わさって、常に母音で終わる言語だ。(特に関西弁話者は語尾の母音を強調する。1音単語の場合が顕著で、歯「はぁ」、目「めぇ」、毛「けぇ」のように発音することは皆さんご存知だろう。)それに対して、英語は子音中心の音韻体系で語尾はほとんど子音で終わる。

 実は、日本人はこの「母音とセットになったもの」を言語とみなし「子音のみのもの」を非言語とみなすという選別を乳児期に行ってしまっている。だから、成長した後にいくら英語の音声を聞いても脳はそれをなかなか言語として認識しない。

 自然界にある言語以外の音の多くは子音中心なので、人間の発する言語を母音中心にすることで、自然の音と言語を区別しやすくするのが本来の姿だろう。

 英語の子音中心の音韻体系は北欧系言語(デンマーク、スウェーデン語)の特徴であり、南欧系言語(スペイン、ポルトガル、イタリア語など)は母音中心であるため日本人にも聞き取り易く、すぐに真似して言える。

 英語の音韻体系は世界一特殊(異常)で、日本語の音韻体系は世界一オーソドックス(まとも)なものだ。この日本語とは対極にある英語を習得することが困難であることは当然で、日本人は世界で一番英語を習得するのが苦手な民族だということができそうだ。

 解決策の一つが「カタカナ英語」である。一般的な英語教師は、日本語のように子音に母音を補う「カタカナ英語」を否定するが、実は日本人が英語を言語として認識する最も簡単な方法である。書かれている英文を読んだり、自分が発音するときにはこの「カタカナ英語」を使うことができる。「カタカナ英語」で英語を言語として認識できるようになれるのであれば、我々は子どもたちの発する「カタカナ英語」を否定してはいけないのではないか。
 
  この投稿は 240511 への返信です。

 この投稿に対する返信
240513 日本人が英語が苦手な理由A(語順編) 安藤武彦 16/12/28 PM00

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp