◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★
 ○自然体験学習教室

 ○類農園

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
みんなの気づき!
240557 16年に及ぶ無能化レール=学校制度について
 
畑中信彦 17/01/20 PM00
塾のテストで結果が悪かったときに、お母さんたちから多く聞くのが「学校ではほとんど満点なんですけどね」というフレーズ。その子にも親にも責任はなく、小学校の犯罪に他ならない。学校では、年間の指導計画をこなすので精一杯な上、「わからない子」を生み出さないためにゆっくりと分かる範囲のことをやる。記憶のあるうちに易しいテストをやって「100点」を家庭に持って帰らせる。親も子も「できている」という安心感(=錯覚)を与える。それを延々6年間続ける。通知簿も甘くつけ、テスト結果を根拠に保護者懇談の際にも「問題ありません」と母に伝え続ける。ここで「実はできていない」「とても遅れている」とか正直に伝えたりすると、「どうする?」という学校(担任)側の対応を聞かれて面倒になるので絶対に言わない。保護者たちは、我が子が内容を理解できていない、定着していないということを知らされず(騙され続け)卒業式の日を迎える。
そして、中学から塾だということで入塾テストを受けて、初めて問題に気づかされる。近年、小学校も算数は能力別クラスの設置や居残りでのフォローを取り入れるところもある。努力とも見れるがパフォーマンスレベルで「大犯罪」を緩和できるものでもない。そもそも全員がちゃんと分かるようにさせる気があるのか?保護者からも教員の熱意は感じられない。分かるようにしていないことも問題だが、分かっていないことをちゃんと伝えていないことの方が犯罪ではなかろうか。いずれにせよ、あてにはできない。

小学校の算数を研究すればするほど、なんでこの指導順なのかとか、なんでここで単元を分断するのかと考えることが多い。やっぱり「わざとわからないようにしているのか」とさえ思えてくる。小学校の6年で、そんなに考えなくてもできる範囲のことをわかった気にさせ、できた感を与えそれ以上「考えないようにさせる」。徹底的に「考える=追求」という気や力に蓋をする。考えない脳をつくってから、中学校で内申で脅してテスト漬けにし、停止した脳を完全に暗記脳・理解脳にして封鎖脳を完成させるという9年間。高校大学は、専門分化を一気にやることで項目ごとのつながりを見え難くする。枝分かれした先端で他との連関も意味も分からないことを黙々とやる。枝葉の先端どうしには優劣がつかないので、どの先端にいる人も「自分は特別な高度なことをやっている」という優越感に全員が浸れる。麻痺して「末端」にいることを感じさせない。そして、どんどん現実とはつながらなくなっていく。

成長において決定的に重要な16年間。無能化のためのレールに子供たちを載せてしまってはいけない。これにのっかるくらいなら不登校の方が健全に育つ。とにかく、現状の学校制度の犯罪性は大きい。この洗脳支配をどう突破するか。新算数だけでなく、子供たちが本来の思考を解放できて、本物の追求力を磨いていける場を我々がまずつくりあげること。2020年に向けてもまったなし。それを機会に共認形成を加速度的に塗り替えられるかにかかっている。
 
  この投稿は 240555 への返信です。

 この投稿に対する返信
240558 楽しんで働く、とは、好きなことを夢中でやる時間で埋め尽くすこと 佐々木保奈美 17/01/20 PM08

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp