◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★
 ○自然体験学習教室

 ○類農園

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
みんなの気づき!
240627 自由の森学園という興味深い学校が有りました
 
坂本伸一 17/02/07 PM00
卒業生には星野源がいます(結構芸能人が多い)。

創立は1985年、当時の学校教育を支配していた点数序列主義や管理主義を批判した数学者、遠山啓の「競争原理を超える」教育を実現することを理念として掲げています。

HPはリンク

以下、設立趣意書などからの抜粋です。

**************

※自分自身の意志や感性とは別のモノサシを押しつけられ、テストのための勉強が学びだと思わされる子供たちは、学ぶ喜びから遠ざけられ、学びと成長のエネルギーを発揮することが出来ません。これに対して自由の森学園は、競争原理をテコとせずに、本来の学びを授業をとおして実現しようと考えた新しい学校なのです。

※重要なのは、その水面下で学校教育の破局的状況が進行し、若者たちや親や教師の不幸が深くなっていることです。

テストの点取りや偏差値アップのために、規格化されたできあいの知識を伝達し、堆積させ、それをすばやくまちがいなく再生するテープレコーダーのような能力の養成をめざす教育は、授業を底の浅い質の低いものにし、生徒を受け身にし、自由な思索や実験精神や想像力を枯渇させています。生徒がさまざまな出会いを体験し、自らの内なる現実とかかわったしかたで知識や技術を深く学ぶこと、高い表現をつくりだすこと、そして、新しい視野を開く楽しさ、自分を発見することの喜び、などを感じとることを不可能にしています。

※こうした外発と強制を手段とする画一的な教育の体制を破綻させないために、学校は生徒の生活のいちいちを校則によって規制し、管理を強化するという方法をとらざるをえなくなってきています。恐ろしく思うのは、このような対応がいまの事態を改善するうえで効果のないことをみると、こんどは、力の対決という構図になってきていることです。
すでに、学校ファシズムという言葉はすっかり定着してしまい、多くの学校に全体主義的な傾向を強める風景があらわれてきています。そして、規則ずくめのまるごとの生活規制がつくる閉塞感、抑圧感が、学校や教師への不信憎悪を増大させているのです。

※最も根本の要因は、中学校あるいは高等学校までに身につけるべき一定量、一定範囲の知識・技術を外在的に固定化し、教師は授業でそれを伝達し、テストの点数や偏差値などの一元的な価値基準で、生徒を優劣に序列化し選別していく、そういう能力主義の教育に、いまの学校が完全に制圧されてしまっていることにあります。経済の高度成長に伴う生活様式の変化が、親を、教師を、生徒を、こうした単色の価値観のとりこにしていったという事情も、これと深くかかわっていることはたしかです。

そうした能力主義・管理主義の教育体制の檻の中で、若者たちのしなやかな感性、想像や創造の力、そして興味や個性がおし潰され、閉塞情況に追いこまれ、学校は活性を失っているのです。

※しかし、ここで考えなければ、ならないことがあります。それは、若者たちの想像や創造の力を衰弱させ、夢をうちこわし、志を失わせて、とめどない荒廃に拍車をかけている画一的で外発的な強制の教育は、たんに国家や行政が一方的に押しつけたものとはいいきれないことです。そうした能力主義・管理主義の教育を推進した中に、私たち教師自身、そしてそれを求める親自身もいたのです。

※私たち大人の精神構造の中に、しっかりと根をおろしてしまっている「点数信仰」「成績万能」の思想(妄想)は歴史的なものです。それは明治以来、一度もその破綻が顕在化することなく、私たち日本人の精神構造の中に深くもぐり、しっかりと根をおろして強いものになってきています。そうした内なる能力主義の教育思想が、生徒を「物化」し、操作対象にすりかえることで成り立つ画一的な人間疎外の教育をおしすすめる役割を果してきたのてす。

**************

1985年に試験圧力や学校の問題性に疑問を持って中高校を設立しています。ネットで検索する限り、色々な評価がされているようですが、現在の知名度や社会への発信・影響力が少ないことが残念。しかし、類が進めようとしている体制と似ていますね。
 
  この投稿は 240624 への返信です。

 この投稿に対する返信
240628 働いてる時間も休みの時間も全てが楽しい時間。それって人生の勝ち組! 森明幸美 17/02/07 PM07

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp