◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★
 ○自然体験学習教室

 ○類農園

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
みんなの気づき!
240638 生徒たちは社会に本気で向かっている
 
足立景 17/02/11 PM07
今週は入試直前期もなんのそのという、生徒達の社会への関心の強さ、本気度を感じた。

 中3女子が公民の教科書を読んでいたが、「こんなん書いてるけど実際全然違いますよね」と言って来た。聞いてみると、三権分立のところで不信任と解散でパワーバランスを保っていると言うが、変だから不信任にしているのに、その度に解散できるんやったら内閣の方が絶対に有利と感じたらしい。他にもいろいろ全く分立していないと感じる部分をみんなで言い合っていたらしく、「みんな気づいてましたよ。こんな中学生にも分かることを、なんで今も続けているんだろう。」と不整合感を感じていた。
考えてみると変なことだらけの公民に違和感を感じるのはむしろ当然だが、去年今の時期こういうことを言っていた生徒はあまりいなかった。そうやって生起したor生起するはずだった不整合感に蓋をして入試の詰めを行うことが、今まで受験直前期生の「当たり前」の姿になってしまっていたと感じた。
彼女の本気でこれからの社会を心配している様子に比べて、改めて、入試で「正解するため」の考え方・勉強がいかに思考力を低下させるのかを感じてぞっとした。その女子とは、三権分立からなんでだましが残存するのか?など議論し、今だからこそそういうなんでをいっぱいみんなと共有しながらやっていこうと話した。
他にも新中3の生徒が新言語サークルに参加し、「来週は戦争の話するし、みんなも行くべき!先生次の授業でもう1回アピールして」と言ってくれ、最終的に今週は6名の生徒が上新庄まで電車を乗り継いで参加することになった。
今まで自分の中で、社会系の志はいきなりは遠いのではないか?などと感じている部分があったが、全く逆で、そここそが生徒達の関心のど真ん中だし、志形成の最短ルートであると実感した。
 
  この投稿は 240637 への返信です。

 この投稿に対する返信
240640 大学入試、試験一発方式からの転換事例:御茶ノ水大学、慶応SFCの例〜ペーパーテストだけに強い人間を育てる塾はつぶれてしまう。 大山重行 17/02/12 PM00
240639 新言語サークルver2.0 in類塾〜 からのお知らせ 中辻幸介 17/02/11 PM11

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp