◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★
 ○自然体験学習教室

 ○類農園

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
みんなの気づき!
240690 国語という教科は本来、言語能力の向上を目的とし、試験はそれを計るためのものだとすると・・
 
安藤武彦 17/02/27 PM07
国語力をつける方法を考えるためには、どうやって、人間らしい生活を取り戻すかを考えねばならない!

「国語の成績を上げるにはどうしたらいいですか?」という質問が後を絶たない。
世間には、「問題集をじっくり解くのがいい。」「読書をするのがいい。」「辞書を引くのがいい。」「語彙を増やすべきだ。」などと実しやかなノウハウを並べる人達がいる。

 ところが、国語の成績が伸びない人は、このようなことをいくら繰り返しても伸びない!

 それもそのはずで、言語能力の根幹は目の前の相手の話を聴き、相手に同化し、自分の考えを相手に伝えて共認をはかっていくことにある。さらにその言語を使って思考を重ねていくことによって高度化されていくものだ。だから、目の前にいる人々を無視し、相手の話を聞かず、自分の意見も言わず、自分に降りかかってくる問題を考えようともせずに受け流していて、いくら問題集を解いたところで言語能力など身に付くはずもない。

 目の前にあるプールに飛び込まずに、プールサイドでいくら泳ぎのシミュレーションをしていても泳げるようにならないのに似ている。

 「国語の成績を上げるにはどうしたらいいですか?」という質問に対する答えは、
「目の前にいる人に興味を持つこと。その人に同化して話を聞くこと。そして真剣に考えて相手に発信すること。共認できるまで試行錯誤すること。自分に降りかかる様々な問題を受け流さずに真剣に受け止め考えること。つまり、人間として普通の生活を送ること。」

 時代が下るにつれて、言語能力が衰退していくのは、人間としてまともな生活を送っていないことが原因であって、決して難しい本を読まないからとか勉強不足だからではない。

 内発的でない強制的な勉強や試験圧力などによる無意味な問題演習や強制的な読書などはまともな人間生活を送ることを阻害している要因の1つになっている。そんなものを国語の成績を上げる方法としてあげるのは愚の骨頂だ。国語が得意になったということは、まともな人間生活を取り戻すことで人間として本来の力を取り戻したのだと思う。
 
  この投稿は 240683 への返信です。

 この投稿に対する返信
240691 スピードをコンマ数秒上げる。それだけでも言語能力は飛躍的に鍛えられる。 西知子 17/02/28 PM00

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp