◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★
 ○自然体験学習教室

 ○類農園

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
みんなの気づき!
240717 自分も「学力」を上げるために、一緒に追求する!
 
吉田夏美 17/03/08 PM00
「学力」=「学ぶ力」=「まなぶ力」=「まねぶ力」=「真似る力」=「同化力」


何かを真似る時、「ガワ」のマネと「内側」の真似とがあると考えている。


自分は子どもの頃「自分の頭で考える事が出来ない子」であり、中学受験をするしない・部活の選択などが全て「周りのガワをマネただけ」であった。
・○○ちゃんが受験するから私もする!
・○○ちゃんが△△部入ったから私も入ろう!
「ガワ」をマネるのは非常に簡単で、見えたものをとことんその通りにすればよいだけ。ただ、これをし続けると「なんでこんなことをしなくちゃいけないのか」となってしまう。

高校生の時、国語の先生が言い放ったのは「お前活字読んだことないやろうw」だった。
小2から浜学園に通っていたこともあり、読む量だけで言えば周りのみんな以上であるはずなのに、なんでそんな判断になるのかと思い、学校から帰って、初めて自分から国語の教科書を手に取った記憶がある。

結局「読む」ってなんだろう?文字に触れている事と「読む」とは違うのかと思い、徹底的に「読み方」を追求してみることにした。
国語が得意な人はみんな初見でスラスラ読めていたのを思い出し、まずはそこを目指した。次に「伝わる読み方」をイメージし、ナレーターやアナウンサーを思い出し、できるだけそれを真似ようとした。

そうやって「この人のように!」ということを意識し始めた時、「どんな気持ちで読もうとしているのか」「何を伝えようとしているのか」「相手は頭の中で何を考えているのか」、常に「対象の心の動きがどうなっているのか」に必死に頭を使っていた。「ガワ」ではない「内側」を意識した真似であり、この頃がきっかけとなって国語能力が上がったと、今思い返してもそう感じる。
 
  この投稿は 240716 への返信です。

 この投稿に対する返信
240718 自らの身体を駆使した数量把握が脱数式脳の突破口 相馬俊之 17/03/08 PM08

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp