◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★
 ○自然体験学習教室

 ○類農園

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
みんなの気づき!
240748 後世畏るべし
 
土屋孝江 17/03/19 PM08
公テ監督の男性から仕事に対する意見など話をお聞きした。

彼は、様々なバイトをしていく中で、ブラック企業の実態を知り、そのブラックを体験することによって類のホワイトな部分が浮き彫りになっているらしい。彼以外にも、他と比較するからこそ類の実情を理解できる人が多いと言う。

若手が、上司に向って意見しているのは類だけだと知っていた。先輩所員も若手から何を学ぼうかという姿勢が他の企業と全く違うことも知っていた。その謙虚さは表層的なものではなく、動機が純粋だ。佐竹さん曰く、アルバイトの立場が如何に下っ端扱いかを体験しているので、余計にそういった会社の体制に驚いている。

しかし、話を聞いていると実は彼が塾生であった時代から講師の姿を見て既に実感していたそうだ。平野教室へ通っていた彼は、先生達の姿勢をよく観察し、感じ取っていた。これには驚いた。

それだけではない企業であるとも話が続いた。

子連れで出勤できる企業は今まで見たこと無かったし、女は結婚したらお終い。妊娠したら不要といった現状がはびこっている。
幼い子供を持つ母親が正規社員として就職する事は殆ど無く、パートでも面接時に「お子さんが熱を出したらどうするんですか?」がお決まりのフレーズだ。面接官がその人を雇えば、「子供が小さいのに雇っても使い物にならない」と批判され、休まれた負担で周りは体力的にも精神的にも迷惑するといった日常。結局、子が熱を出すたびに休み、職場に居にくくなり辞める。

目先に囚われているから結局それも自分に返ってくると彼は言う。辞めるリスクを企業は考えるべきだと。

その面接官や組織の人たちも、働く母親に育ててもらったのではないか?

単に女性や母親の立場を理解しての類ではなく、子を連れて職場に出る本当の意味は、他にあると彼と話した。

母親と一緒という状態や、自分の親の価値観だけで成長するのではなく、沢山の社員たちの価値観も体験しながら育つ子供への影響を重視している所が類の凄さであり、将来その子達が社会に出た時にどれだけ役立つかが視野に入っているなど、どの企業もそこまで考えていはいない。

親の働く姿をまだ言葉が話せないうちから見る事は大切だと語り合えた。

至極真っ当な意見のキャッチボールが出来るとは、流石類の卒塾生。
後世畏るべし!!
 
  この投稿は 240747 への返信です。

 この投稿に対する返信
240749 当人に志がなければ、何事も強制になるのではないか 吉田夏美 17/03/20 PM00

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp