◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★
 ○自然体験学習教室

 ○類農園

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
みんなの気づき!
240767 頭のいいバカはもういらない センター試験と偏差値序列社会の終焉(AERA記事より) A
 
坂本伸一 17/03/28 PM07
@の続き

●思考力・判断力を重視
(中略)
 改革の背景には、人口減少、グローバル化、AIの進化といった時代に対応した教育に転換しなければならないという強い危機感がある。高大接続システム改革会議座長を務めた日本学術振興会の安西祐一郎理事長は3月4日、都内で開かれたフォーラムで教育関係者を前にこう檄を飛ばした。

「偏差値トップの超進学校の生徒は、対人関係能力が極めて不足している。これからの時代に必要なのは『総合力』だ」

●対話を続けて気づく

 2020年度からの新テストを受けるのは、今春から中学3年生になる子どもたちだが、すでに現場は変わり始めている。

 昨年11月末に行われた埼玉県立浦和高校(さいたま市)の公開研究授業。今年も東京大学に33人の合格者を出した県下屈指の進学校だ。

「昨日の実験で、気づいたことを説明できる人は?」

 授業の冒頭、長瀬義行教諭(物理)は教科書を開かず、板書もしない。一人の生徒が手を挙げて説明をすると、

「今の話を聞いて、想像できる? 同じものを見ていても、人によって観点は違う」

 そう畳み掛け、何人もの生徒と対話を続ける。ある生徒の発言を板書し、こう呼び掛けた。

「彼の言ったことは、相当考えた上での発言だ。それでも入試問題を解いたら暗記丸覚えの『頭のいいバカ』に負けるかもしれない。だけど、浦高生に頭のいいバカはいらない。新しい考えを生み出す力が必要だ」

 教室の風景も変わる。大宮北高校(さいたま市)は、全教室に電子黒板があり、ICT(情報通信技術)環境が揃っている。スマホ片手に電子黒板にプレゼンテーションソフトを映し、生徒と対話する教諭も。板書しながら話し続ける「チョーク&トーク」型の授業を改めた。
 細田眞由美校長はこう話す。
「板書には時間がかかり、ICTの活用により、その分の時間をグループワークや演習に使うことができます」

 リクルート進学総研によれば、こうしたAL型の授業改革に「学校全体で取り組んでいる」高校はすでに全体の24.5%に上る。「担当のみに負担がかかった総合的な学習の時間と違い、ALによる授業改革はすべての教師の問題となっている」(同社の角田浩子「キャリアガイダンス」編集顧問)と課題もあるが、すでに多くの高校現場が新テストに向けて動き始めている。

 4技能を評価する英語の試験改革が学校に与えるインパクトも大きい。3月、1905年創立の麹町学園女子中学校高等学校(千代田区)の授業を見学した。8時半に鶏の声のチャイムが流れ、朝は全学年10分間の「アクティブイングリッシュ」から始まる。プロジェクターに映し出された英文を、リズミカルな音楽に合わせ、音読する。

(中略)

 教育改革は冒頭の桐蔭学園のように、中学受験への影響も大きい。中学受験専門誌「進学レーダー」の井上修編集長は「大学入試改革で一番敏感に反応したのは、首都圏の中学受験を迎えた保護者だ」と指摘し、

「新テストがどんな試験か現段階ではっきりしていないため、受験のない大学付属の学校に人気が集まった。日大豊山など、難易度の低いところでも人気が出ている」

●親も新方式に共感

 冒頭の川妻教諭にはAL入試の説明会での決めゼリフがある。

「お子さんを自分の部下にしたいですか?」

 川妻教諭は言う。

「中学受験を迎える保護者は40歳前後で会社でも管理職になるころ。社会で必要な力も痛感し、旧来型の教育では通用しないことをよくわかっている」

 社会で働く割合が高いこの世代の父親ほど、新たな試験方式に共感する傾向があるという。
 長く続いた東京大学を頂点とする学歴志向。そのただ中を生きてきた現場から上がる、変化を求める声も大きなうねりとなって、既存の序列の仕組みを壊しつつあるといえそうだ。
 
  この投稿は 240766 への返信です。

 この投稿に対する返信
240768 前関詞中心に英文を解析する 安藤武彦 17/03/29 PM00

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp