◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★
 ○自然体験学習教室

 ○類農園

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
みんなの気づき!
240900 6/10実現塾(特別講座)グループ追求と感想 〜「音読」と「頭の中で声を出す」のと、どちらが良いか〜
 
矢ヶ崎裕 17/06/13 PM00
小6と中2の男子を、小島Tと担当。劇場会議で扱われた「どうしたら潜在意識を解放できるか?」、「なぜ人類は、思考停止したのか?」の2テーマについて、二人とも幹を掴んでおり、後半のグループ追求で、さらに追求ポイントを出してくれました。

そこで中2生から出たのが「声に出して音読するのと、頭の中で声を出して読むのと、どちらが効果があるのか?」という疑問。「どちらも聴覚を使ってはいるが、できれば声に出した方が…」と言いかけたところ、小6男子から、こんな発言がありました。
「頭の中で声を出した方が、文章のイメージが浮かびやすい。だから国語の文章を読む時は、頭の中で声を出す方がいい。でも、何かを覚えたい時は、実際声を出した方が覚える。イメージを掴みたい時と覚えたい時で、使い分けたら良いのでは?」と。

これに刺激されて、どちらが良いかグループで追求しました。頭の中で声を出す場合、「誰の声を使うのかを工夫できる」強みがあります。例えば論説文なら、筆者の声を想像して、筆者が語りかけるように読む(←中2男子)。物語なら、(落語のように)登場人物それぞれで声を変えて読める(←小6男子)。一方、声に出して読む場合、仲間と一緒に音読すれば(仲間の声を聴いて)さらに肉体化しやすくなる。その場で決着は着かず、「まずは各自、それぞれ試してみよう」ということになりました。
 
  この投稿は 240896 への返信です。

 この投稿に対する返信
240901 学内テスト分析会での気づき 安冨啓之 17/06/14 PM01

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp