◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★
 ○自然体験学習教室

 ○類農園

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
みんなの気づき!
241045 本気で音読することの可能性
 
吉田夏美 17/07/28 PM00
松尾さんが投稿してくださった()の、自分の音読(というよりもはや演技)の勉強法をしてゆく過程を思い出して。


投稿どおり、学校の教科書であろうが学校のワークにある読解問題であろうが、とにかく「筆者がそこにいて、筆者がもし自分に語ってくるなら、どういう風に話してくれるだろうか」ということを軸に、筆者になりきってひたすら音読を繰り返していた。当時はボキャブラリー自体が貧困だったので、1つの言葉に対して辞書を5冊(国語辞典×2、漢和辞典、和英、英和)使って共通項・共通イメージを抽出し、音読する中でイメージと感情とがしっくり来るまでとにかく声を出し続けていた。
※言語能力がそもそも苦手だったことも手伝って、それこそ文によっては300回近く音読したものも間違いなくある。
※ちなみに、自信満々に説明したがる人って、結構興奮気味に話しているイメージがあったため、「まくし立てるように説明する筆者」という設定で、超高速トークでの演技練習を行った結果、目で文字を追いかけながらイメージするスピードも上がりました(笑)


そんな中で大きく前進したと感じたのは「漢字であれひらがなであれ、『その言葉』じゃないとダメだ(それが一番イメージどおり!それしかはまらない!)という気持ちで書いているのではないか」という発想をもてたこと。
この「言葉ひとつ」「ひらがなひとつ」が他に変わると、一気にイメージが音を立てて崩れていってしまうということを体感した記憶がある。

そして、初見で読む文章においても「この言葉を使っている意図は?」「どんなイメージを持ってほしいの?」ということを必死になって探りながら読む姿勢へと転換し、その場で抑揚ジェスチャーを使って音読できるレベルにまで進化した後、読みながら、目に入ってくるのは文字ではなく、筆者の中にある意識が流れ込んできて、自分の中の意識と流れ込んできた意識との対話で筆者への同化を試みるようなイメージにまで進化した。


実は英語でも社会でも同様で、「そのつづりだからこそ伝えたい何かがある」「ここにコンマがあることにこういう意味がある」「その言葉じゃないと意味がないんだ」と、初見で拾える(吸い上げる?)情報量が、音読しない勉強を続けていたときより莫大に増え、加えてスピードも上がっているので、初見で細部までつかめる力が付いたように思う。


聴覚脳を鍛えるという点においても、自分の「読解力」を鍛えるという点においても音読は本当に可能性で、いかに筆者に同化した形の音読(演技?)ができるかどうかにかかっていると感じる。
 
  この投稿は 241044 への返信です。

 この投稿に対する返信
241050 集中講座に参加した生徒たちが、宿題圧力を跳ね返す(彩都・小野原) 安西伸大 17/07/28 PM08

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp