◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★
 ○自然体験学習教室

 ○類農園

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
みんなの気づき!
241088 常識という不整合からの答えとなる仲間が類にはある
 
山添彰大 17/08/09 PM08
今週、たくさんの人の常識や天才・凡人の投稿を読んでいて、突然、幼少期の記憶が当時の感覚と共に鮮明に蘇ってきた(フラッシュバック?)

子どもの頃、常識が嫌いだった。
それは大人や周りの人が指摘や怒るときに『普通は・・・』という枕詞に対して、何でお前の普通に従わなあかんねん!と思っていた。
普通=その人の常識と感じていた。

だから“普通”という言葉のあとに続く内容に従うことで、相手の狭い世界に閉じ込められるような窮屈さを感じていたんだと思う。
その時から、言葉には思い(潜在意識)や人間性が全て表現されると思っていて自分や相手が発する言葉には、本当に気を付けていたと思うし、同化していた。

いつ常識という観念に支配されていったのだろう。
思い浮かんだのは、1つが大人ー子供という序列関係発(表面的な力の原理)の不整合感の強制的な封鎖だ。
自身は学生時代野球をする中で、スパルタ指導のチームにいたことも長かったので、いつのまにか支配されていたんだなと感じる。
また、その前段階に上記の環境の中で周り(仲間)が従順になっているのを見て、抗うことを諦めた自分を思い出した。
仲間から浮いた行動は出来ないと白い目圧力に近いものもあったと思う。

しかし、自身の子供の頃と類塾生を比較してみると、不整合に対する答えを出せる場や仲間がいる環境が揃っている。

同じようになって欲しくない。
逆に、答えを出す為の仲間でありたい。
という思いが自然と出てきた。
 
  この投稿は 241087 への返信です。

 この投稿に対する返信
241089 10年で学ぶ内容を10日で学ぶロシアのシチェティーニン先生の「森の学校」 千葉裕樹 17/08/10 PM00

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp