◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★
 ○自然体験学習教室

 ○類農園

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
みんなの気づき!
241170 今年のわかさ合宿からの気づき・所感 @
 
千葉裕樹 17/08/30 PM08
今年のわかさ合宿も無事終了した。様々な気づきが多い場となり、共有したいことも多岐にわたるが、今回は主に子ども達の様子からの気づきについてまとめたい。

■課題への収束度の高い類塾生、反面礼儀が▼か?
今回の合宿参加者は57名と過去最大の生徒数となり、果たして例年通りの統合が可能なのだろうか?と事前には思っていたのだが、ふたを開けてみれば、「話を良く聞き、課題にはまっすぐに向かう生徒」が非常に多かった印象。

教室聞いたところ、三人に一人が探求講座、集中講座、ないし実現塾を経験していることが関係しているように感じた。

ある生徒などは、実現塾で学んだことが社会で本当にそうなのか、それを確かめる為に合宿に参加した、という目的で臨んだ生徒もいたが、一定課題意識を持ってやってきている生徒が多いので、課題への収束度△→グループ追求の中身△→発表内容のレベルの高さが見られた。

実際、縄文博物館では博物館の展示見学を30分してから縄文時代の暮らしの特徴、人間の精神性などを現代と対比して発表する、という課題を実施したが、その観察眼→発表の中身は学芸員の方がうなるほどのものだった。

明らかに、この一年間の全塾的な取り組みが生きていることを実感できた。民宿先や若女将インターンの大学生たちの声からも、それに対しての評価は非常に高かった。

そして、合宿での経験を通じて、三方五湖での萱田の再生の取り組みに対する若狭町の方々の情熱と苦労をしった生徒達が、来年の企画では全員で萱田の保全活動に取り組みたい、という合宿の企画に対する提案をしてくれたのも、象徴的だと思う。(その提案を聞いた民宿先の方は非常にうれしそうだったし、実の孫のようだったというような評価もいただいた)

その一方で、若狭町の民宿先の方々からも事後いただいた声として、礼儀作法、相手への気遣いなどで気になる生徒が例年より多い感じがあったというものがある(確かに我々もそれは感じた)

Aへ続く
 
  この投稿は 241167 への返信です。

 この投稿に対する返信
241171 今年のわかさ合宿からの気づき・所感 A 千葉裕樹 17/08/31 PM00

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp