◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★
 ○自然体験学習教室

 ○類農園

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
みんなの気づき!
241181 ワクワクこそが活力源。その正体はコレ何?どうする?(どうなる)
 
小野陽子 17/09/02 PM00
夏休みの宿題で、ホウセンカ(など)を育てタネを採取するという学校課題が小学生の低学年で出ており、
(お約束の)青いプラスティックの植木鉢にタネをまいて水をやる
→観察日記を作成する…のだが、その間、なんと数週間!

低学年の子どもが(よほどの花好きでない限り)毎日水をやり、スケッチし、高さをはかったり葉の枚数を数えたり…なんてこと、マメマメしくできるはずもなく。

たいていは…
全く興味関心をもたない→しかるに水やりもしない→枯らしてしまう→タネの採取ができない→とうぜん観察日記がかけない。という流れをたどる。

そして…
残酷にも休みが終わりを告げようとするとき、仕方なく親が介入。親子でネットサーフィンをしつつ、ぶつ切りの情報をベースに観察日記を仕上げる。

そこには当然、ワクワクのカケラすらない。ワクワクがないから育てない。枯れても知らん顔。ホウセンカの成長を見守りながら、「うわぁ〜、芽がでた〜」「花が咲いた〜」と胸を躍らせる子など、今の時代、皆無だろう。ゲームやその他もろもろ、スパイスの効いた刺激(毒薬)に、彼らはとり囲まれているから。

「はい、みなさん。これがホウセンカのタネですよ、と、教えて配るからオモシロくなくなるんですよね〜」
と玉井先生。
本当にそう。何がなんだかわからないタネを配り、
「さて、どんな芽がでてくるかは、芽がでてからのお楽しみ〜♪」
とふるだけで、ミステリアスさは増して、「ん?」という子どもたちのハテナアンテナがたつ。さらには、「プチトマト10個以上収穫できたグループには、10日間、宿題をなしにします〜」なんて付け足した日には、子どもたちは、少なくとも2週間、率先して水やりをするでしょう。

「本来、それをやるのが学校なんですけどね」と、先生。
全く。学校はただのサボリ。退屈な課題をおしつけるだけでやらした感満載。子どもたちが、なぜ課題を適当にやってくるのか。考えればわかりそうなことなのに。

けれども、だからこそ(上記のように)我々が頭を使って天才メニューを考えている。

続々と、各教室から天才メニューがあがってきている。
”条件にとびついて脊髄反射で動き出す公式脳”とか、”漢字 四字熟語4コマクイズ”とか、読んでいてワクワクするメニューがそこかしこ。”みんな、楽しんでいるんだな”と、読みながらつい微笑んでしまう。

また、多くの教室の子どもたちが、もう、天才教室に馴染みかけている。それこそ、天才であるという証。
そこに追求要素があれば、彼らはどこまでも追及する。
「ちょっと追求しに行ってきまぁ〜す」と、類塾に向かう子どもたちの姿がフツーにみられるのは、すぐそこの未来。
 
  この投稿は 241178 への返信です。

 この投稿に対する返信
241184 自ら求め自ら考え、そして仲間で共有する場を形成できる。それが「天才教室」 今井久雄 17/09/02 PM08

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp