◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★
 ○自然体験学習教室

 ○類農園

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
どうする?原発とエネルギー
241224 【劇場会議・実現塾・探求講座南方特別講座】9/9 「北朝鮮の核武装をどう見るか?」(小中学生も参加)
 
尾崎大翔  ( 12歳 中1 ♂ 彩都教室 ) 17/09/09 PM09
今回の劇場会議は「北朝鮮の核武装をどうするか」というテーマでした
社長から数人かの生徒が当てられ追求ポイントとしてどのような追求ポイントで追求していくかを出しました。
その追求ポイントを書きます

(追求ポイント)
今後北朝鮮がどう動くか?(高校生)
北朝鮮に対して周りの各国がどう動くのか(中学生)
北朝鮮がこのような行動を取る意図は(中学生)
武力的な決着(戦争)が起こるのか
北朝鮮の水爆完成の技術はどこから?北朝鮮のバックに国(もしくは人物)が存在するのか?
北朝鮮は一体どんな国なのか
アメリカはなぜ 北朝鮮に口ばかりで手を出さないのか?

追求ポイント 以上
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●北朝鮮のバックに一体にどんな国 人物がいるのか?

水爆には技術がいるから何かしらバックに別の国 人物がいるのでは?
⇒完全な素人は無理だが爆弾を少し作る技術程度で水爆は作れる
バックが必要なのか?
⇒たとえそうでもICBM(大陸間弾道ミサイル)は相当な技術がいる。
では技術が流れているとすればどこから?

@ロシア[ソビエト] (ウクライナの可能性)
Aアメリカ(CIA)の可能性
B中国の可能性

この3通りもしくは北朝鮮自身が動いている
もし北朝鮮自身が動いているなら侮ってはならない

マスコミは北朝鮮の主体性を全く見ずに無視している
⇒固定観念(北朝鮮は弱い国だという固定観念)によっていまマスコミが騒いでいる
では固定観念なんて持つほうが間違っている。
⇒北朝鮮がどのような国なのか理解する必要がある

北朝鮮が出来たのは第2次世界対戦によるもの
第2次世界対戦の終戦1年前あたりからアメリカ ロシアは戦後どちらが世界を支配するかに向け考え始めた
ちょうどその時にアメリカが朝鮮の南 ロシアが北を占拠した。
それによって韓国と北朝鮮が生まれた。
それ以降 はじめの北朝鮮のトップ以外はアメリカを恨んでいて
軍事力ばかり考えてきた。
北朝鮮のはじめのトップは専大意識を持たなかった。

どうすればアメリカの軍事力に立ち向かえるか?
⇒核武装しかない
⇒そして現在ほぼ成功した

しかし実際恐れるべきは核攻撃ではなく電磁パルス攻撃である

また北朝鮮からさきに攻撃するのはあり得ない
アメリカが暴走することは100%ないとは言い切れないがほぼない
このことが関係あるのかアメリカ内でも分裂が起き始めていることもあるようだ。

以上議論内容

今回はなかなか議論も濃かったが楽しかったです
ぜひ今回の内容を追求してみてください
 
  この投稿は ブログ への返信です。

 この投稿に対する返信
241270 私の投稿よりわかりやすい投稿があったのでるいネットより引用します 尾崎大翔 17/09/20 PM06

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp