◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★
 ○自然体験学習教室

 ○類農園

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
みんなの気づき!
241255 英単語の語源1〜communicationは「伝達」ではなく「共認」?
 
安藤武彦 17/09/16 PM00
英単語の構造とその語源を研究する入り口として考案した「英単語モンタージュゲーム」

その中で、興味深い単語を順次取り上げてみたいと思います。

今回は、“communication”【com-「共に」mun「変える」-ate「する」-ion「こと」】
 単語集などでは「情報伝達」という訳語が当てはめられていて、「コミュニケーションをとる」などと日本語化もしていますが、実はこの単語が本来持つ意味を知ると、皆さんのコミュニケーションという言葉の使い方も変わるかもしれません。

communicationは、ラテン語の "communus"(コムーニス)から来ていて、この“commu”(またはcom)が頭につく単語は多い。
community「コミュニティー」共同社会
communism「コミュニズム」共産主義
少し綴りは変わりますが、
common「コモン」共通の
company「カンパニー」パンを共有する→仲間→会社
などもそうです。
こういった言葉と比較してみると、communicationという言葉が「伝達」という意味とは少し違って感じられませんか?実は、この“com”という接頭語がつく単語は、すべて“共有する”という意味を含んでいます。

つまりcommunicationとは、こちらの頭の中にあるイメージを相手の脳に伝達するexplanation「説明」ではなく、自分の頭にあるイメージと相手の頭にあるイメージを“共有する”ということなのです。自分が思うことを一方的に相手に伝えるだけではcommunicationとは言えません。自分と相手との間に共有点を見つけ出し、共有したことを深めていくことで、コミュニケーションは相乗的に深まっていきます。

「共認」という言葉と少し通ずる部分があるように感じます。

英単語の構造と語源を追求していくと、単なる単語の丸暗記を超えて、多くのことに気付けるチャンスを得ることができます。
 
  この投稿は 241254 への返信です。

 この投稿に対する返信
241257 【類塾わかさ長期合宿】地元のケーブルテレビに取材・放送された映像がネットで現在視聴可能です! 千葉裕樹 17/09/16 PM06

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp