◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★
 ○自然体験学習教室

 ○類農園

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
お上は頼りにならない。どうする?
241264 「なぜそうなるのか?」を追求したら「問題児」扱いされる学校教育B
 
類塾本部 17/09/18 PM02
Aのつづき〜

現在の集団教育などよりも、本来であれば個人での授業や独学の方が理解度や満足度なども高まるというのは過去の歴史が物語っています。

産業革命が始まる以前は、特に富裕層などは家庭教師などで子供に勉強させることはごく普通でしたし、なによりも集団教育の目的は人々を賢くすることではありませんでした。

あくまでも資本主義社会の発展に必要な、低賃金でも不満を抱かずに労働してくれる市民・労働者を育てるのが政府の学校の本質です。

そう考えれば、エジソンが天才になれたのはしっかりと1人になれる時間を確保して、やりたいことを好きなだけ出来る機会を早期に得られたからだと言えるはずです。

「好きなことだけしていれば駄目な人間になる」
「嫌な事だって知らないといけない」
「我慢ができないと、大人になって生きていけないぞ」

こうした声が日本では非常に多いものですが、嫌なことを嫌々ながら続けて大成した人は存在するでしょうか?

エジソンにせよ誰にせよ、本当に大きな結果を出してきた人は好きな事に時間を投資できた人であることは疑いようがありません。

何よりもまず、嫌なことを押し付けられるのは当たり前という学校教育の風潮こそが異常なことではないでしょうか?

教師に命令されたことにはなんでも従うのが当たり前で、出来るのは当たり前というのが政府の学校です。

しかし、大人になればできないことは人に頼んで解決させるという方法はごく自然なこととして普及していますし、好きなことを成し遂げるために我慢する方が本来は健全です。

嫌なことを我慢しなければならないとしても、そこに必要性などが無ければ本来は我慢する意味などありません。

エジソンが「なぜ」という疑問を教師に持つなと言われて、なぜを我慢していれば、偉大な発明はなされなかったはずです。

天才の育成にそもそもとして学校教育は不向きですが、エジソンはその典型的な事例だったことがこれでよく理解できると思います。
 
  この投稿は 241263 への返信です。

 この投稿に対する返信
241347 パラレルワークの都市江戸〜@ 類塾本部 17/09/29 PM02

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp