◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★
 ○自然体験学習教室

 ○類農園

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
景気は良くならない。どうする?
241440 金貸しの登場
 
尾崎大翔  ( 12歳 中1 ♂ 彩都教室 ) 17/10/29 PM01
引用元 リンク
_____________________________________________________________
◆生活必需品の物々交換が市場の起源、って本当?

 縄文時代の黒曜石(道具の材料)やヒスイ(装飾品の材料)などの広がり方を見ると、そこで発生した物流網は、物々交換ではなく、貴重品を中心とする“贈与関係”であったと考えられます。

弓矢の発明以降、各部族(原始共同体)が規模を拡大し、縄張りを接する緊張状態が生まれました。緊張関係が前提となっている以上、集団の存続に関わる食料それ自体を他の集団にゆだねるような“物々交換”は成立しようがありません。生活必需品でなく希少価値の高い物を贈ることで、集団間の緊張関係を緩和させようとしたのです。

◆戦争の勃発

 約5500年前の乾燥化をきっかけに、牧草地を失った遊牧集団の中から、贈与による共存共栄を破棄し、(自集団を第一とする理屈を立てて)他集団への略奪を開始した部族が登場します。この略奪が玉突き的に波及し、支配被支配の関係が構築されるとともに、国家への富の集中が進みました。

◆序列闘争の抜け道として登場した古代市場

 武力支配の下で、支配階級以外は自らの富(私権)を拡大する可能性が完全に閉ざされてしまいました。そこで、強大な武力を持たない者たちが、新たに私権を獲得する可能性を生み出す突破口(=身分序列の抜け道)として、市場が生み出されたのです。

つまり、富が集中した王侯貴族に、(他の場所や集団でタダ同然で手に入れた)自らの交易品を「珍しい、高級だ」と信じ込ませることによって、実態は1のものを100として売る。このようにして、王侯貴族などの支配階級に蓄積された富をかすめ取っていった交易集団によって、市場が生み出されたのです。

◆価格格差の秘密

市場では宝石や絹、毛皮など「珍しく高級だ」と信じ込ませることができるものには高値=「幻想価値」がつき、逆に普段から食べている米や麦など幻想を描けない農産物は高く売れません(今でも同じですね)。
この「幻想価値」が生み出す「価格格差」の引力によって、人々は農産物よりも珍しく高級なものを集めたり、作ったり、売ったりするようになっていきます。

◆市場拡大の原動力は、略奪とダマシ

略奪により富が集中すること、そしてその富をだまし取ることが市場の本質であり、また市場拡大の原動力なのです。

実際、中世ヨーロッパの海賊、十字軍遠征、大航海時代、第一次・第二次世界大戦、イラク戦争など、私権や富の略奪のための戦争は、挙げればきりがありません。
 

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp