◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★
 ○自然体験学習教室

 ○類農園

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
みんなの期待ってなに?
241521 「子どものやりたいことを肯定的に受け入れて、応援してくれている母」は本当にキラキラしている♪
 
原田結香 17/12/28 PM03
先日小2の母と類式面談を実施。
・母が持つ本人への想いを掴もう!
・母は母として、私は類式講師として本人へしてやれること(役割)は?を一緒に考えよう!
・母も私も本人が大好き!であればそれを言葉にして一緒に育てていこう!共認を図ろう!
などと意識して面談に臨んだ。

結論、本当に楽しい面談だったし、母の意識に同化できて、繋がれた感覚になれたのがすごく嬉しかった!

色んな話を母はしてくれたが、一番スゴイ!と思ったポイントは、
『子ども達のやりたいことを肯定的に受け止めて、背中を押してあげている』
というところ!!

「母から見て、この1年類式に通って本人が成長した点は?」と聞いてみると、
・今まで興味持ってなかったことを持つようになった。
・日常生活で何で?と疑問を持つことが多くなった。
と答えてくれた。

実際、「20円をいくつ貯めたら1万円になるの?」「1万円あったら、○○は何個買えるの?」「普通魚の身は白いうのに鮭がピンクなのは何で?」「炭酸ジュースに氷を入れるとシュワシュワするのは何で?」
など日常生活では「何?なんで?」の連続!
母は、「自分が子どもの頃は何で?なんて思いもしなかったことを疑問に思っている息子を見て純粋にスゴイなー!って思います。男の子って本当に未知ですよね!笑」とまっすぐ子ども達の天才性に可能性収束していた。

加えて、毎日が実験教室になっているとのこと!
その本人が感じた「何で?」を兄(小5内生)と弟(5才)と一緒に納得のいくまで実験しているとのこと。
「炭酸ジュースからどうすれば早く炭酸が抜けるか?」が気になり、グラスに炭酸ジュースを入れて、大量に氷を入れてみたり、ストローで息を入れてぶくぶくさせたり・・・
「洗濯機を逆周りにさせたらタービンになるんじゃないか?」と洗濯機を逆周りにさせようとしたり・・・
テレビに出てきた未習の漢字について「何でこれはこういう字を書くの?」と疑問に感じ、兄弟みんなでとことん調べまくったり・・・

普通の母であれば「そんなことしたらジュースが机にこぼれるからやめて!」とか「そんなことしたら洗濯機壊れる!」とか「(何で?に対しても)知らない。分からない。」と言ってしまいがちだと思う。
しかし、この母は決して彼らを止めない。
やってみたい!追求したい!という想いを受け止めて、背中を押してくれている。
その母の姿勢こそが彼らの意欲と追求力を育んでくれている。
ただただ感謝の気持ちでいっぱいになった。

でもそんな母でも学校の話になると一変・・・。
・宿題に関しては腰が重い。めんどくさいとか言うんです。宿題ぐらいもっと頑張って欲しい。
・字が汚いことが気になる。もっと丁寧に書いて欲しい。斑があるんです。
と、本人に対しての不満を話し出した。

この母なら絶対分かってくれる!と思って、潜在思念を出来る限り言葉にして母に伝えた。
・学校の宿題は単にやらされている宿題。だから本人の意欲と全く繋がっていないから、腰が重くなるのも当たり前。もはや真っ当。
・本人は未知なものや何で?と思うことに関して追求することが本当に大好き!でも与えられたものや答えが用意されている課題には興味がない。
・だから学校の宿題なんて、何も考えずさっさと終わらせればいい!その後は本人がやりたいことをとことんやらせてあげてください!
・字がきれい、汚いというのも同じ。授業中の本人は読む相手を意識させた場合すごくきれいな字を書く。自分の想いや考えを言葉にするとき勢いがありすぎてたまに読みにくい字になることがある。でもそれは汚いではなく、自分の想いが爆発しているって感じ。
・だから、決して字がきれいだから◎ではない。字は本人の実感が浮き彫りになっていると思って欲しい。そのときの本人の想いが表れている。
・結局字も本人の意欲に規定される。全て根本は意欲と追求心なんです。

そう伝えたときの母の反応がすごく良かった!
母も心のどこかでは「学校の宿題って面白くなさそうだな」と思っていたそう。
それを無理やり、時間をかけてやらせたり、強制的に字をきれいに書けといっても逆効果なんだと改めて感じてくれた様子だった。

「うちの子追求するのが大好きなんです!」
「それは父親譲りかも!主人も歴史マニアで、相手が聞いてようが聞いてまいが、自分が知ってる歴史ネタをこれでもかと語ってくるんです。笑」
「私はそろそろ聞き疲れたなと想っていたが、最近なんと兄と本人が興味を持ち始めて・・・主人も大喜びなんです♪笑」
と、家族みんなのことを話している母が本当にきらきらしてて、楽しそうで・・・
こんな家族が類塾を選んでくれたことが本当に幸せだなぁと想ったし、強い味方がいてくれている!と自信にもなった。
 
  この投稿は 241519 への返信です。

 この投稿に対する返信
241523 「グループワークって会社みたいですね!」グループワークの生々しい事例は保護者もビックリ☆ 猪原裕子 17/12/30 PM03

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp