◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★
 ○自然体験学習教室

 ○類農園

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
みんなの期待ってなに?
241533 【人材育成】遅刻の本音。やっぱりそこか〜!(前編)
 
ブログ紹介(本社) 18/01/10 PM03
リンク
どの会社にとっても最重要課題である【人材育成】

類グループでは、どんな指導・取り組みを行っているのか。

今日は、よくある「若手の遅刻問題」の一例をご紹介します。
直売所でアルバイトをしているK君。

この間、3回連続で遅刻が発生。しかも、1〜2時間の大幅遅刻。

以前、別の配属先でバイトをしていた時は、今より出勤時間が早かったにも関わらず、遅刻はなかった。

現配属のみ遅刻しているところを見ると、K君の意識(仲間や仕事に対するスタンス)に問題がありそうとのことで、話をした。

●なぜ遅刻するのか?

自己分析では「生活習慣の乱れ」。

深夜まで起きていることが多く、先日の勤務前日は朝4時まで寝れなかったとのこと。

ただ、以前からその生活スタイルなので「それだけだと、現配属の仕事の時だけ遅れる理由にならないよね?以前の方が朝早いけど来れてたよね?」と切り返し。

その後、いろいろ質問する中で見えてきたのが「仕事に対する興味度の違い」だった。

以前の配属は自分の興味関心が高かったが、現配属は関心度が一段低いとのこと。

「派遣に来ている感覚」と表現していた。

そのスタンスでは、何も掴めないし成長できない。かつ、社会人になった時にそのスタンスでは使い物にならなくなってしまうと思い、さらに踏み込んでいった。

まずは、K君がどこまでスタッフの気持ちを掴めているのかを知るために、以下を質問。

「K君が来ないことで、スタッフ(社員も含めて)はどんな気持ちになると思う?」

K君からは

「シフトが変更になって困る。期待を裏切られた。」

と予想通りの返答。

やはり、スタッフの深い気持ちには全然同化できていなかった。

「周りのスタッフは、K君をチームの一員=仲間だと思っているよ。

若い子が農業に興味を持ってくれているのも嬉しいし、一緒にお店を作っていけることをすごく楽しみにしている。

だから、みんなK君を気にかけていたし、困った時はフォローしてくれてもいたよね?

それだけ仲間として期待している。その期待があるからこそ、裏切られた時の落胆は大きい。

また、自分たちで作っている大切なお店を邪険にされたという気持ちにもなる。」

これに対してK君からは

「スタッフの方たちがそこまで自分の事を仲間として想ってくれているとは思っていなかった。仲間という感覚でスタッフを見てきてはいなかった。」

との返答が返ってきた。

どんな仕事でも、一番重要なのは『相手に同化できるか?相手の期待を掴めるか?』というところ。

そこの重要さを伝達するために、さらに質問を重ねてみた。

(…後編に続く…)
 
  この投稿は 241531 への返信です。

 この投稿に対する返信
241534 【人材育成】遅刻の本音。やっぱりそこか〜!(後編) ブログ紹介(本社) 18/01/12 PM03

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp