◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★
 ○自然体験学習教室

 ○類農園

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
みんなの期待ってなに?
241553 2018躍進宣言【農園】地域の核となり、活性化を図っていく
 
ブログ紹介(農園) 18/02/11 PM04
リンク
類農園の原です。
類農園は、今年で設立19年目!
2009年に農地法が改正されて以降、農業への民間企業の参入が相次いでいますが、類グループが農業へ参入したのはそれよりさらに10年も早い1999年。
農業に参入する企業の8割が成果を出せないと言われている時代の中でも、着実に成果を積み上げてきました。
類農園の志は、これまでも、そして2018年も変わらず、「地域の核となり、活性化を図っていく」こと!
その実現に向けて、2018年、特に力を入れていきたいことは・・・

■「地域農業の担い手育成」を加速させる!(栽培部門)
栽培部門である奈良・三重農場で、特に力を注いでいきたいと思っているのが「地域農業の担い手を育成」していくこと。
長年、類農園では農業研修生やインターンシップ生の受入は実施していましたが、今年からは「栽培人材育成・地域統合課題の担当」をつくり、この流れを加速させていく体制づくりを行っています。
それを決意したのは、やはり「地域からの期待」。
農業は、土地管理、水管理、獣害対策など、あらゆる面で地域が一体にならなければ成立しません。農業は「地域」があってはじめて存在できます。
しかし、高齢化や村落共同体の崩壊を受けて、年々地域課題の継続が難しくなってきています。
そこで類農園が中心となり、農業研修生、インターン生の募集を行い、栽培研修・経営指導等を行いながら、地域への就農まで導いていきたいと思っています。

また、それと平行して行っていきたいと思っているのが、「スマート農業の導入による管理効率化」等の方法を使って、地域生産者の組織化を加速させていくことです。
個別の生産者が持つ技術(勘、感覚的なものを含む)を集めて言葉化し、共有できる形にして、更にそこから勉強会等を開催し、交流、追求の場を作っていくことで、地域の栽培技術の継承を行っていきます。

■地域の核となっていく!(販売部門)
直売所を運営している販売部門では、「地域の核のお店となるなるべく、より地域の方と連携」していくことです。
昨年も地域のお店前を地域のママサークルの方々に解放し、フリーマーケット等を開催してきました。
今年はさらに交流を深め、農家さんとママさん、そして地域の方を繋いでいけたらと思っています。
 
  この投稿は 241552 への返信です。

 この投稿に対する返信
241555 有名校長が明言!『受験生の親が子どもにしてはいけないこと7か条』☆ ブログ紹介(塾) 18/02/13 PM03

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp