◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
すごい人の勉強法!
26739 英語の5文型A 第2文型
 
バックドロップ  ( ♂ ) 06/09/29 AM02
 今回は、英語の第2文型について説明しましょう!
 前回の第1文型の説明で、英語の文には「主語と動詞は必ずいる」と言いました。
 では、He is. という文はどうでしょう? 主語と動詞(be動詞)はちゃんとありますね。しかし何か気持ち悪いですね。これでは「彼は、です。」と言っているだけで、彼がどんな人なのかがまったく分からないから気持ち悪いのです。He is a doctor. (彼は医者です。)や He is kind.(彼は親切です。)なら変じゃないですよね。それは、a doctor(医者) や kind(親切な)という、彼(主語)がどんな人かを説明する(補う)語句がきちんとあるからです。
 この a doctorや kind のような、「主語を説明する=補う」語句のことを『補語(ほご)』と言います。そして、「主語と動詞と補語の文」を「第2文型」の文と言うのです。
 第2文型の文は、「主語と補語がイコールの関係」になっているのが特徴です。主語が何者であるのかを説明しているのが補語ですから、当然イコールになりますよね!
 第2文型の文で使われる動詞は、ある程度決まっています。まずイコールそのものを表すbe動詞があります。他にlook(〜に見える),become・get(〜になる),sound(〜に聞こえる),keep(〜のままでいる)などがあります。She became a teacher.(彼女は先生になった。彼女=先生)と、ちゃんとイコールの関係になってますよね。
 「補語」って言葉は、あまりなじみがないでしょうが、分かりましたでしょうか? 以上第2文型の説明でした。質問がある人は投稿してね!
 

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp