◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
宇宙と生物の摂理
32401 「士農工商」が教科書に載っていないのは・・・
 
平井康文  ( 若者 ♂  ) 06/12/20 PM01
>明治時代は、四民平等の社会をつくる目標があったので、江戸時代は、「身分制度で皆が苦しんでいた」ということにしておいたほうが、都合がよかったからだ。32136

なるほど〜興味深い意見ですね♪
ところで、「士農工商」という記述は、学校の教科書では使われていません。なぜでしょう?理由は大きく二つ考えられます。
@実態と異なるから。
A差別を連想させるから。

江戸時代の身分制度は、
        /士\      
       / 農 \     
      /  工  \
     /   商   \
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ではなく、
        /武\      
       / 士 \     
      /百 │ 町\
     / 姓 │ 人 \
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というのが実態であったようです。
<江戸時代の諸制度に実際に現れる身分は、武士を上位にし、その下に「百姓」と「町人」を並べるものであった。この制度では、百姓を村単位で、町人を町単位で把握し、両者の間に上下関係はなかった。町人の職業が「工」か「商」かを制度的に区別することはなく、商人を職人より冷遇する制度もなかった。百姓の生業も農業に限られるものではなく、「商」や「工」に属するはずの海運業や手工業などによって財を成した者も多く、百姓身分の漁師も数多くいたことを忘れてはならない>
リンク
<これまでよく使われていた「士農工商」や「四民平等」といった記述がなくなったことについて>
リンク
 
  この投稿は るいネット にも掲載されました。
  この投稿は 32136 ブログ への返信です。

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp