◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
みんなの気づき!
52772 <自由英作文のテクニック>(3)
 
三ヶ本万州夫  ( 本部英語科研修担当 ) 07/10/11 PM03
今回は「ミスを避ける」という守りの姿勢から「いい文を書く」という攻めの姿勢に移りましょう。

●お勧め文型ベスト10(スピーチ・意見・説明編)

1:Don't you think 〜? 
Have you ever heard(thought) about 〜?

相手に呼びかけるパターンで、第一文に問題提起としてよく使います。「皆さんは〜について考えたことはありませんか?」など、弁論大会などでよくある「くさい」パターンですが、英語でやるとそうでもありませんね。

2: Do you know why?  Because 〜 .

ちょっと語数かせぎの感じはありますが、これも呼びかけパターンの一つです。whyがあるので、Because〜.の単文で答えてもOKです。
 
3: I think (that)〜. I don’t think (that)〜.

自分の意見を述べる定番の文型ですが多用しないこと。一回だけにしたほうがいいです。thatのあとが否定文になる場合は、上記の右のようにnotを先行させて、うしろは肯定文にしてください。

4:I play tennis. It is fun.からの発展形
  
  I play tennis. It is fun. (中1レベル)
→ I enjoy playing tennis. または
  Playing tennis is fun for me.(中2レベル)
→ It is fun for me to play tennis. または
  Playing tennis makes me happy.(中3レベル) 

という具合にレベルアップします。ただし最後の文の場合、三単現のSを忘れやすいので自信がなければ避けたほうがいいかも。でも利用価値の高い文型であることは確かです。

5:I like 〜 better than 〜.
 
AよりBが好きだというとき、I like tennis than baseball.としないように。better はmore も可能ですがテストでは避けてください。

6:My favorite sport is tennis.からの発展形

一番好きなものを表現する場合、上の例文は中1レベル。さらに
→ I like tennis the best of all sports.(中2レベル)
→ The sport I like the best is tennis.(中3レベル)
 
という順にレベルアップします。最後の例は、原則的に避けたほうがいいサンドイッチ文ですが、このパターンだけは使えますね(ただしI like the best sport is tennis.というミスが出やすいので自信がなければ避けてください)。

7:so 〜 that 構文 か too 〜 to構文

これもレベルを追ってみましょう。 
Math is very interesting. So I study it every day. (中1レベル)
→I study math every day because it is very interesting. (中2レベル)
→Math is so interesting that I study it every day.(中3レベル)
 
このようにレベルアップするので自分に使いこなせるパターンを習得してください。so〜thatの後半が否定文なら too 〜 to 構文に書き換えられます。ただし、これも自信がなければ無理して使わないことです。
This book is so difficult that I can’t read it.= This book is too difficult for me to read.

8:Nothing is as important as 〜.

「〜はもっとも大切だ」と言いたいとき使いましょう。 〜is the most important of all. でもいいですが、こちらのほうがワンレベルアップします。Nothing is more important than 〜の形も可能です。No one can live without 〜.「〜なしでは誰も生きられない」 も使えますね。いずれも日本語にはない発想なので、使いこなせれば印象アップ!

9: We should(must) 〜.
 
「一般的にこうすべきだ(しなければならない)」と自分の意見を主張する場合に使ってください。「するべきでない、〜してはならない」はもちろん[shouldn’t, mustn’t] を使います。

10:It is 〜 for me(us) to 〜.
 
いわゆる「決めゼリフ」として最後の一文としての利用価値絶大です。いきなり書くとあとが続かなくなります。It is のあとの形容詞としては good、 bad、 easy、 difficult、 fun(これは名詞ですが)、 interesting、 important、 necessary、 possible、 impossible などたくさん知っておくとより有効です。
 
  この投稿は 52595 への返信です。

 この投稿に対する返信
52954 <自由英作文のテクニック>(4) 三ヶ本万州夫 07/10/18 PM03

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp