◆合同板
◆テーマ
社会のしくみ
勉強と追求
るいネット

■付属メニュー

類塾ではこんな事もやっています!

 ○ブログ★自然体験教室の広場★
 ○自然体験学習教室

 ○類農園

 ○類農園直売所

 

おすすめリンク集

 
 
みんなの気づき!
52954 <自由英作文のテクニック>(4)
 
三ヶ本万州夫  ( 本部英語科研修担当 ) 07/10/18 PM03
前回に続き利用価値の高い文型をピックアップしてみました。

●お勧め文型ベスト10(手紙・メール・会話編)

1:Thank you for 〜ing・・・.
 
お礼を言うときのお決まりパターン。forのあと your present などの名詞でもいいですが、「〜してくれて」→「〜ing」を使うほうがレベルアップします。その場合、「〜ing」は相手がしてくれた行為です。
  
2(A)Let's〜. (B) How about 〜ing・・・? (C)Why don’t we・・・?
 
一緒になにかしようと誘う言い方。(A)は中1レベルなので(B)か(C)が使えるようにしましょう。相手に行動を勧める(自分はやらない)ときにも(B)は使えます。その場合は Why don’t you〜? もOKです。

3:I hear (that) you 〜.
 
「〜だそうですね」という意味。 I’ve heard〜の形でもいいですが、I heard〜の形は避けたほうがいいです(時制の一致などやっかいなことがおきるので)。They say 〜の形でもかまいません。

4:You like 〜, don't you?
 
「〜ですね」「〜でしょう」と念を押す付加疑問も会話体にはつきもの。使うとしても一箇所にとどめましょう。
 
5.I will tell you about my school. またはTell me about your school.
 
何かについて相手に教えたいとき、相手から教えてほしいとき、これらの形を利用しましょう。クラウンのテキストには中2で、 Let me tell you about 〜. の形も見られますのでこれを持ちネタにしてもいいです。頼むときはおなじみの Will you 〜?でも当然OKです。

6:I'm sorry I can't 〜.
 
何かができない、と断るときに使います。公立入試でもパーティーに誘われたときの断りかたが出題されています。「相手のところへ行けない」ときは、I can’t go 〜ではなく、I can’t come 〜ですので注意。

7:I want you to 〜.

相手に何かしてほしいときに使います。I hope you to 〜の形は使えません。逆にI hope that you will help me.は使えますが、I want that you will help me.は使えません。

8:for example,〜. 
 
「たとえば〜」と実例を挙げるときのパターンです。I like winter sports, for example, skiing, skating(,)and curling. という風に使います。I like winter sports. For example, skiing, skating and curling. というように切り離すのは、教科書などにも見かけますが、あまり好ましくないとされています。レベルアップした言い方なら、
  
I like winter sports such as skiing, skating and curling.や I like such winter sports as skiing, skating and curling. などの表現もあります。

9:I am glad to 〜.

「〜してうれしい」のパターン。 I was glad、I will be glad, など時制の使い分けに注意。また glad 以外に happy, sad, sorry, angry, surprised, excited, など感情を表す語をたくさん知っているほど守備範囲が広がります。

注:「宿題をするので忙しかった」をI was busy to do my homework.としないように。busyは感情を表す語ではないので、この場合は I was busy( in ) doing my homework. という形を使います。

10: Write to me soon. またはWrite me back soon.
 
手紙などの最後の決まり文句です。 さらに英語に自信がある人は、 I'm looking forward to hearing from you soon .の形を利用してください。to〜は不定詞ではなく、toプラス動名詞なので注意が必要。Please say hello to 〜.(〜にどうかよろしく)も決まり文句です。
 
  この投稿は 52772 への返信です。

 この投稿に対する返信
53170 <自由英作文のテクニック>(5) 三ヶ本万州夫 07/10/25 PM02

[過去の投稿へ]
[一覧へ戻る] [新しい投稿へ]

◆「自考のススメ」本文を公開しています。

〜何のために勉強するのか?〜

 1.未知なる世界への収束と追求
    (1) (2) (3) (4)
 2.現代の不整合な世界(問題事象)
    (1) (2) (3)
 3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」
    (1) (2)

◆注目投稿 (11/5更新)
社会のしくみ
類塾ネット、リニューアルしました♪
「ネジが緩むのはなんで?」という疑問が「緩まないネジ」を生んだ
自給力の高め方
他人のせいにしない。そして自分がやるという覚悟を決めた〜自然電力グループ〜
生活の多様性の充実を実現させる「コンセプト型シェアハウス」が人気
これ以上、何を買う
勉強と追求
類塾ネット、リニューアルしました♪
物理の基本法則『エネルギー保存則』は成り立たないことが証明された(その1)
反エントロピー数理物理学的世界観:宇宙は始め巨大な太陽だった(その2) 
「母なる地球:草木は飲み水を、大気を質量として創り出している。」
病院がないほうが死亡率が下がる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ その@
≪類塾ニュースpart.345≫「自分らしさ」病に起因する「成長しない発想」と、その後の「成長する発想」の違い☆
 

『類塾ネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。類塾ネット事務局(E-mail:ruij-net@rui.ne.jp